banner
ホームページ / ブログ / バッティングの準備
ブログ

バッティングの準備

Feb 24, 2024Feb 24, 2024

得点を増やすことを奨励してください。それが観客が望んでいることなのです。 これは、水曜日にムンバイで国際クリケット評議会(ICC)のピッチコンサルタントであるアンディ・アトキンソン氏が行ったプレゼンテーションの根底にあるテーマであり、インドで開催されるODIワールドカップに向けて主催協会のキュレーター全員が集まって講演した。

ホームチームに合わせて厳選されたピッチについての話題は消えることがないようだ。 アトキンソン氏は、地元のキュレーターたち(大会にはステージング協会のキュレーター12人中9人が出席)に対し、特定の試合のピッチから芝生を撤去するよう外部からの圧力を受けるべきではないと明言したことがわかった。 会合に出席したある学芸員は「バッティングに有利な60~40球を提供するよう努めるように言われた」と語った。

過去 3 回のワールドカップの比較データによると、初回イニングの平均得点は、インド、スリランカ、バングラデシュで開催された 2011 年ワールドカップが最も低かった (249 失点) ことが示唆されています。 オーストラリアとニュージーランドで開催された2015年ワールドカップでは平均274得点が記録されましたが、前回のイングランド大会ではその数はさらに276得点に達しました。 2011年ワールドカップのランレートは5.03だったのに対し、2015年は5.65、2019年は5.69でした。

全体のランレートが加速している一方で、ICCは2023年のODIワールドカップが、若い派生からの絶え間ないプレッシャーにさらされる50オーバー形式のハイスコアのスペクタクルとなることを望んでいる。

ほとんどの協会は外野の緑を豊かに保つことに取り組んでいるが、野手の飛び込みやスライディングを妨げないように、ボールをより速く飛ばすために過度のカットがないようにすることが奨励されている。

境界線の最小寸法は 70 ヤード、最大は 80 ヤードでなければならないと集会は告げられた。

気候条件は予測できないため、砂ベースの外野を持たない開催地には、雨が降った場合にグラウンド全体を覆うカバーを設置するよう指示された。

メイン トーナメントで試合が開催される 10 か所のグラウンドでは、少なくとも 3 つのセンターウィケット ピッチをアクションの準備ができた状態に保つ必要があります。 アーメダバード、ムンバイ、デリー、ベンガルール、コルカタ、チェンナイ、ラクナウ、ダルムサラ、プネーではそれぞれワールドカップの5試合が開催される予定で、ハイデラバードでは3試合が開催される。

強化試合は9月29日に始まり、イングランド対ニュージーランドの開幕戦は10月5日に行われる。

ICCワールドカップ2023

ヒンドゥスタン・タイムズ得点を増やすことを奨励してください。それが観客が望んでいることなのです。 これは、水曜日にムンバイで国際クリケット評議会(ICC)のピッチコンサルタントであるアンディ・アトキンソン氏が行ったプレゼンテーションの根底にあるテーマであり、インドで開催されるODIワールドカップに向けて主催協会のキュレーター全員が集まって講演した。